暗号通貨ガイド:種類とウォレットについて

2022

暗号通貨とは、簡単に言えば、インターネットを介した取引に利用できるデジタルマネー、または仮想通貨のことです。デジタルマネーのアイデアが魅力的で、暗号通貨の登場がこれほどまでに人気を博した最大の理由は、それが非中央集権的だからです。暗号通貨は、銀行が通常の貨幣に対して行うような中央の権威、すなわち権威が全くなく、コントロールすることができないです。

その代わり、これらの通貨は、採掘し、その基本的な運用構造について重要な決定を下すコミュニティによって動きます。もちろん、暗号通貨を取引するユーザーや、暗号通貨を受け入れるカジノでルーレットオンラインをプレイするなどの取引に使用するユーザーも、通貨の流通を維持するため、暗号のバックボーンを形成しています。

暗号通貨の種類

皆さんは、最も人気があり価値のある暗号通貨であるビットコインをご存知でしょう。現在、数百種類のデジタルコインが存在し、さらに日々生み出されています。その数は雪だるま式に増え続け、現在では1万種類を超える暗号通貨が流通しているが、その多くは取引量がほとんどないです。

暗号通貨の分類に関しては、デジタル通貨はその運用システムによって以下のように分類されることが多いです。

  • プルーフ・オブ・ワーク
  • プルーフ・オブ・ステーク
  • トークン
  • ステーブルコイン

プルーフ・オブ・ワーク

これは、暗号通貨の支配的なシステムで、マイナーはその計算能力に応じて表彰されるため、一般に「マイニング」と呼ばれている。イーサリアムとビットコインは、Proof of Work(PoW)プルーフ・オブ・ワークベースの暗号通貨として最も人気があり、よく知られている例です。さらに、Litecoin、Dogecoin、Monero、Bitcoin CashもPoW暗号として有名である。

プルーフ・オブ・ステーク

このタイプの暗号通貨で取引を行うには、ユーザーはコインを少なくとも30日間「ステーク」しなければならないです。Cardano、Tezos、Polkadot、Solana、Terra、Cosmosなどがその代表的な例です。イーサリアムは、最新の「イーサリアム2.0」へのアップグレードに見られるように、プルーフ・オブ・ステーク暗号通貨への参入も進めています。

トークン

トークンはプログラム可能な資産であり、そのブロックチェーン上でスマートコントラクトを使用することで、様々な用途に使用することができます。予想されるように、契約は取引が行われる前に一定の条件が満たされるように作成されています。つまり、議決権、アクセス権、債券や株式、銀行や政府による所有権の確認に依存しない価値のデジタル表現として利用することができるのです。

トークン化とは、資産をトークンにすることです。たとえば、シェアグループ、自宅の誓約書、あるいはポイントなど、何でもいいのです。トークン化により、各資産に個別のアカウントが作成され、これらの資産を現在のどのシステムよりも速く、安く、安全にデジタル転送することが可能になります。人気のあるトークン型暗号通貨には、Binance Coin(BNB)やBAT(Basic Attention Token)などがあります。

ステーブルコイン

これは、価値が安定した資産に固定されている暗号通貨を指します。そうすれば、価格の変動から保護され、急激に変化する心配もありません。DLT(分散型台帳技術)ネットワークの多くは不安定で、価格が急激に変化する可能性があるため、このようなアプローチは暗号通貨市場にとって理想的です。暗号通貨を決済手段として受け入れる企業が増え続ければ、市場で起こりうるボラティリティを心配する必要がないように、ステーブルコインへの需要が高まるでしょう。

最も一般的なステーブルコインは、フィアットバックアップ型ステーブルコインで、各トークンを米ドル、または居住地によってポンドやユーロなどの不換通貨で裏付けます。安定コインの例としては、Tether、USD Coin(USDC)、Paxos、Gemini、TrueUSD、Binance USD(BUSD)、Daiなどが挙げられます。

暗号通貨ウォレットの種類

ウォレットは暗号通貨のための特別なストレージで、安全な環境でコインを保管し取引することができます。これは、物理的な金庫にお金を保管する伝統的な銀行と比較することができます。ウォレットはコインをサーバーに保管し、秘密鍵によってコインを使用することができます。暗号通貨ウォレットには、「ホット」と「コールド」の2種類があります。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、インターネットに接続されていない暗号通貨保管スペースのことです。オンラインでないことが利便性に影響する一方で、ハッカーから身を守るには最適なのです。コールドウォレットの例としては:

  • Ledger Nano X
  • Coolwallet Pro
  • Trezor Model T
  • ELLIPAL Titan
  • Safepal S1
  • Keystone Pro

ホットウォレット

ホットウォレットは、定期的に取引を行う少量の暗号通貨を保管するものです。このタイプのウォレットでの取引は、インターネットに接続されているため、公開され、瞬時に行われます。その取引は瞬時に行われるため、暗号の取引や使用においてより迅速な対応が可能です。しかし、インターネットに接続されているため、ネット上の攻撃には弱いです。現在、最も認知度の高いホットウォレットは以下の通りです。

  • Electrum
  • Gemini
  • Trustwallet
  • Coinbase
  • Binance
  • Exodus
  • MetaMask

以上、暗号通貨とは何かという定義から、機能的な運用に基づく種類、取得後の保管方法までをご紹介しました。暗号が将来的に現実の不換紙幣に取って代わるかどうかは議論の余地があるが、暗号には利点があることは確かです。

Comments

Copied title and URL