Skill

QC

【品質管理】代用特性とは?【真の特性/官能特性との関係】

代用特性の定義と真の特性や官能評価との関係性について説明しました。代用特性は、現実的な品質管理を成り立たせるうえで欠かせないものです。技術者であれば、要求される品質特性と関係性が強く、それが論理的に説明できる代用特性を設定できるようになりましょう。
QC

FMEA(故障モード解析)とは?【FMEAとFTAの違い/使い分け】

FMEAの概要とFMEAとFTAの違いについて解説しました。FMEAとFTAはトラブルの予測ツールです。2つのツールの違いを理解して、設計開発の初期の段階からこれらを使い分け、トラブル予測を実施し、改善策を打つことで未然防止につなげましょう。
QC

品質保証の方法とは?【プロセス保証と結果の保証】

品質保証の方法として、プロセス保証と結果の保証について説明しました。この二つはお客様の満足度を向上させ、企業が利益を確保するための基本となります。製品・サービスの設計開発段階で確立し、量産での品質保証ができる体制を整えましょう。
QC

【品質管理】保証と補償の意味合いの違い

保証と補償の意味合いの違いについて説明しました。保証は、まちがいなく大丈夫だと、責任をもって約束すること。一方で補償とは、損失を金銭や物で埋め合わせることです。意味合いが全く異なるので整理しておきましょう。
QC

三現主義と5ゲン主義の意味合いとは?【一次情報を原理・原則と照合する】

三現主義と5ゲン主義の意味合いについて解説しました。この考え方は、問題解決を進めるには、一次情報としての事実を押さえ、原理・原則に基づいて考えましょうということです。様々な情報が膨大に飛び交う現代において、一次情報を押さえて現実的に考え、原理・原則と照らし合わせる思考をもつことは非常に重要です。
QC

【品質管理】品質水準の意味合いとは

品質水準の意味合いについて解説しました。品質水準は、品質要素・品質特性への適合度合いを客観的に数値で表したもので、統計的な品質管理をするうえで重要です。特に、品質影響が大きい特性に対して目標値を設定し、品質水準を管理していくのが良いでしょう。
QC

【品質管理】ばらつき管理とは?

ばらつき管理の意味合いについて説明しました。ばらつき管理とは、ばらつきを許容範囲内に維持・管理していく活動です。ばらつきは偶然原因と異常原因の二つの原因によって分類され、管理図を活用して区別します。異常原因には原因特定と対策及び標準化を行います。ただし、ばらつき管理の前提として、工程が標準化されていることが必要です。
QC

【品質管理】ファクトコントロールとは?【事実に基づく管理】

ファクトコントロールの意味合いと実践の注意点について説明しました。事実にもとづく管理は、品質管理の基本的な考え方です。客観的な見方には、事実の定量化が不可欠です。 常にこの姿勢を忘れずに、日々の品質管理に取り組みましょう。
QC

【品質管理】目的指向とは?【目標達成に繋がる合理的な活動をしよう】

目的指向の意味合いと実践手順について説明しました。目的指向は目標達成のために合理的な活動をするための基本的な考え方です。常に、そもそもなぜこと活動をしているのかと目的を意識することが効率的な目標達成に繋がります。目的指向を念頭に日々の仕事を進めたいものです。
QC

【品質保証】源流管理の考え方とは?【すべての工程が大事です】

源流管理について、その意味合いやポイントについて解説しました。源流管理は問題解決や品質保証の基本的な考え方です。一方で、源流管理と同じぐらい下流工程の管理も重要です。問題解決や工程管理の強化には、すべての工程が連携し、源流工程にまでさかのぼって根本原因を突き止め、対策を打ち、管理の標準化を行いましょう。
Copied title and URL