QC

QC

QCサークル活動とは【基本理念|人材育成・職場の活性化】

QCサークル活動の基本と基本理念について説明しました。QCサークルの目的は基本理念に記載されているとおり、人材育成と職場の活性化です。QCサークル活動を進めるにあたり、この基本理念を押さえて活動しましょう。この意識の違いがグループ活動による成果を大きく左右します。
QC

QCサークル活動の基本と進め方【小集団活動の流れを解説】

QCサークル活動(小集団活動)の基本と進め方と流れについて説明しました。共通業務のメンバーでQCサークルを結成し、活動計画を立てて改善活動に取り組みましょう。成果は発表会を通してレポートし、QCサークル活動についての自己評価によって、さらに良い活動ができるように進めていきましょう。
QC

層別とは 【QC7つ道具|層別化による現状把握】

QC手法/QC7つ道具によるデータ解析の基本となる層別について解説しました。層別とは、分類することであり、その目的は問題・課題の明確化です。この層別の切り口を間違えると後のデータ取りから解析まですべてムダになる可能性があります。
QC

QCストーリー問題解決型の進め方【まとめ】

問題解決型QCストーリーとは、『問題』を解決するための効率的な手順です。QCストーリー問題解決型で扱う問題とは、現状とあるべき姿とのギャップ(悪さ)のことです。問題解決型の手順に従い、問題の原因を突き止め、対策によってあるべき姿に戻し、安定 させることを目指します。
QC

標準化と管理の定着/歯止めの進め方【QCストーリーの解説】

標準化と管理の定着/歯止めの進め方とポイントについて解説してきました。QC活動の対策に歯止めをかけて成果を維持・継続させるための重要なステップですので、標準化・周知・効果の監視を抜けもれなく実施するようにしましょう。
QC

QCストーリーの効果確認の方法を解説

QCストーリーの効果の確認の方法について解説しました。効果の確認の種類には、有形効果・効果金額・波及効果・無形効果があります。自分達の活動の成果を把握し、今後の活動につなげるためにも重要なステップですので、しっかり取り組みましょう。
QC

QCストーリー施策実行型の進め方【まとめ】

QCストーリー施策実行型の概要と進め方について解説しました。テーマの困りごとについて、すでに対策が分かっていて、早期に解決すべき問題の場合は、施策実行型が有効です。また、施策実行型テーマを問題解決型に当てはめると落とし穴があるのでご注意。
QC

QCサークルのリーダーの役割と決め方【解説】

QCサークル活動のリーダーの役割や決め方について解説しました。リーダーの仕事は多岐にわたり、グループ活動のモチベーションや方向性を大きく左右するため、その役割は非常に重要です。
QC

新QC7つ道具|連関図法の使い方【QCストーリーでの活用】

新QC7つ道具の一つである連関図法について、その使い方や特性要因図との違い、さらに連関図の書き方を解説します。特にQCサークル活動での活用に焦点を当てた、初心者向けの記事です。
QC

QCストーリー現状把握の進め方・まとめ方【問題の明確化/QCサークル・問題解決型】

問題解決型QCストーリーの現状把握の進め方・まとめ方について解説しました。現状把握の目的を意識してデータを集めましょう。そして、層別とグラフ化を繰り返して問題を深堀し、困りごとの一番の問題点を浮き彫りにしていきます。現状把握をすることでQCテーマの問題の明確化をしましょう。
Copied title and URL