通勤時間が無駄だと感じたらとるべき行動【自分の時間を無駄にしない】

Skill

people crossing on road surround with buildings near parked car during daytime

「会社までの通勤時間って、無駄な時間ですよね?通勤時間が片道1時間半なので、人生の多くの時間を無駄にしている気がします。どうすればよいでしょうか?」

こういった悩みに答えます。

この記事を書いている私自身も、転勤が多かったこともあり、過去には片道2時間の電車通勤や都内にでる乗車率120%の満員電車、さらに車通勤などを経験してきたので、通勤時間の悩みを抱えている方の気持ちは割とわかると思っています。

本記事では、通勤時間が無駄だと感じるかたが、次にとるべき行動について説明します。

通勤時間で消耗しているだけなら人生の無駄

man with backpack standing on train station

通勤時間が片道1時間を超え、もし何も有意義なことをせずに単に疲れて消耗しているだけなら、通勤時間は人生の無駄と言えます。

仮に通勤時間が片道1時間半で平日が245日とすれば、年間735時間を通勤時間で消費していることになります。

寝ている時間を差し引いた活動時間ベースで考えると、なんと約40日に相当します。

また、リモートワークでない限り、通勤時間は会社員なら平日必ず発生するイベントなので、通勤時間が無駄だと感じている場合には、日々消耗し、精神衛生上よろしくないことは明白です。

通勤時間を無駄だと感じ、消耗している状態を放置するのはさすがに無視することのできない問題と言えます。

もし、通勤時間が無駄だと感じるなら、今すぐ次の行動をしましょう。

通勤時間が無駄だと感じたらとるべき行動【自分の時間を無駄にしない】

man and woman jumping onto pool

通勤時間が無駄だと感じたら、3つの視点に分けて次にとる行動を考えましょう。

・【通勤時間はそのまま】通勤時間を有意義にする・有意義だったと考える

・【通勤時間を短くする】引っ越す・転職する

・【通勤時間をなくす】在宅ワークを探す

これらはそれぞれメリットとデメリットがあるため、自分が置かれた環境に合わせて、そのデメリットをどこまで許容できるかを考えて選んでください。

それぞれの視点ごとにとるべき行動は、目新しいものではなく当たり前の内容です。

よくないのは、いつまでも選択せずにその場で足踏みを続けることです。

問題を先延ばしにするといつまでも悩みを抱えて精神的な疲れがたまっていきます。

自分が「悩んでいる」のか「考えている」のかを判別し、悩むことはやめて、選択肢のメリット・デメリットを評価して決断し、なるべく早く行動にうつしていくことをおすすめします。

【通勤時間はそのまま】通勤時間を有意義にする・有意義だったと考える

これについては、まず通勤時間に対する自分の考え方を変える必要があります。

通勤時間は無駄なものだと思い込んでいる人は、この記事をきっかけに「通勤時間を無駄にしないためにはどうすればよいか?」と自分に質問してみるとよいでしょう。

もちろんストレスフリーな場所で自分の好きなことができればそれに越したことはありませんが、通勤中にできないかと考えてみてはいかがでしょう。

最近は、通信環境も良くなりスマホがあれば読書・映画・音楽・勉強まで、安価に楽しむことができる時代です。

この辺りの通勤時間を有効活用する方法については、別の記事に書きましたので気になる方は参考にしてください。

通勤時間を有効活用するための過ごし方とおすすめのアプリを紹介しました。通勤時間を年間に換算するとばかになりません。この時間を有効に活用するためにここで紹介したアプリやサービスを自己投資として使ってみることをおすすめします。

また、通勤時間の考え方の別の例として、通勤があるからこそ、強制的に外に出てウォーキングの時間が取れていると考えることもできます。

私は面倒くさがりなので、わざわざプライベートの時間でウォーキングに時間を使おうとは考えないので運動不足になりがちです。

正直言って、通勤時間があるからこそ人並の一日あたりの歩数を保てているのではと思います。

家に引きこもるのも良いものですが、多少は運動もしたほうが健康的には良いわけで、通勤時間はウォーキングの時間ととらえなおすこともできます。

一例をあげましたが、このように通勤時間イコール悪と思い込むのではなく、プラス面もあるのではないか、プラス面を作れないかと考えて、通勤時間を見直してみると発見が出てくるでしょう。

【通勤時間を短くする】引っ越す・転職する

通勤時間をなくための行動よりも多少ハードルが下がります。

通勤時間を短くしたいなら、会社の近くに引っ越すのも一つの手段です。

ただし、家族や子供がいる場合には自分の都合だけを優先して引っ越すのは難しいでしょう。

また、独身だったとしても会社の周りの家賃が高ければ引っ越しは現実的ではなかったりもしますよね。

そのあたりのハードルをクリアできるなら引っ越すべきです。

私は、片道2時間かかっていた時期があり、実際に引っ越しました。しかし、ぜいたくなもので、会社が近くなったらなったで、今度は会社の往復だけの日々につまらなさやむなしさを感じるようになりました。

さらに、家を出るとすぐに会社が目に入ることや、自宅の周辺に会社の人が住んでいるので、精神的に会社とプライベートの切り替えが難しく通勤時間以上にストレスを感じました。

これは人による差が大きいと思いますので、そのあたりが気にならない方は会社の近くに引っ越す選択もありだと思います。

また、通勤時間の長さに加えて、今の仕事に不満があるならいっそのこと自宅の近くの会社に転職する、あるいは転職と引っ越しを合わせて実行するのも選択肢としてあります。

【通勤時間をなくす】在宅ワークを探す

今の仕事を辞めて在宅ワークにすれば、通勤時間は無くなります。

通勤時間の問題には、これが一番効果が大きいですが、ハードルも高いですね。

現実的に言って、今の仕事をすぐに辞められるかといえば、生活があるのでなかなか難しいです。

思い切って行動するのも一つですが、その勇気がない人は今の仕事をしながら副業として在宅ワークを試してみるのもありだと思います。

たとえば、クラウドワークスに登録すれば、家にいてもできる仕事がネットに転がっているので、自分にもできそうなものを探して取り組んでみるのも良いです。

自分にできそうなものがないのならば、まずは、会社の外に出ても役立つスキルを身に着けるのも一つです。

すでに終身雇用制度が崩壊しつつあり、いつ会社の首を切られるかもわかりませんし、今後さらに変化が激しい社会になれば、会社もいつ倒産するかもわかりません。

自分の身を守るうえでも、会社の看板を外しても飯を食べていけるようなスキルを身に着けることは重要性が増しています。

スキルを身に着けそれを活かし、副業が軌道にのって生計が立てられるようになれば、会社を退職して通勤時間から解放されて、有意義な時間を過ごすことができるようになります。

副業するかどうかは別にしても、クラウドワークスに登録して、どのような仕事があり、自分が通用するのかどうかを早めに把握しておくべきです。

■まとめ

通勤時間が無駄だと感じたらとるべき行動について紹介してきました。

まずは、上で書いた例のように通勤時間は本当に無駄なのかを考え、有効活用できないか、実は有意義だったのではないかと考えなおしてみましょう。

それでも無駄だと感じるのであれば、「通勤時間を短くする」、あるいは「通勤時間をなくす」ための行動をとっていきましょう。

通勤時間は積み重なると大きく、無視できない時間です。

自分の短い人生の時間を無駄にしないよう、この記事をきっかけに考え直してみましょう。

Comments

Copied title and URL