QC

【品質管理】ばらつき管理とは?

ばらつき管理の意味合いについて説明しました。ばらつき管理とは、ばらつきを許容範囲内に維持・管理していく活動です。ばらつきは偶然原因と異常原因の二つの原因によって分類され、管理図を活用して区別します。異常原因には原因特定と対策及び標準化を行います。ただし、ばらつき管理の前提として、工程が標準化されていることが必要です。
QC

【品質管理】ファクトコントロールとは?【事実に基づく管理】

ファクトコントロールの意味合いと実践の注意点について説明しました。事実にもとづく管理は、品質管理の基本的な考え方です。客観的な見方には、事実の定量化が不可欠です。 常にこの姿勢を忘れずに、日々の品質管理に取り組みましょう。
QC

【品質管理】目的指向とは?【目標達成に繋がる合理的な活動をしよう】

目的指向の意味合いと実践手順について説明しました。目的指向は目標達成のために合理的な活動をするための基本的な考え方です。常に、そもそもなぜこと活動をしているのかと目的を意識することが効率的な目標達成に繋がります。目的指向を念頭に日々の仕事を進めたいものです。
QC

【品質保証】源流管理の考え方とは?【すべての工程が大事です】

源流管理について、その意味合いやポイントについて解説しました。源流管理は問題解決や品質保証の基本的な考え方です。一方で、源流管理と同じぐらい下流工程の管理も重要です。問題解決や工程管理の強化には、すべての工程が連携し、源流工程にまでさかのぼって根本原因を突き止め、対策を打ち、管理の標準化を行いましょう。
QC

【品質は工程で作り込む】プロセス管理とは?【意味/目的/ポイントを解説】

プロセス管理の意味や目的を解説しました。品質は工程で作り込めとは口で言うのは簡単ですが実際は難しいです。しかし、生産性や品質保証の面でプロセス管理の向上は最重要と言っても過言ではありません。悪いアウトプットの要因解析と管理項目・管理水準の設定及び作業の標準化のサイクルを回し、プロセス管理の向上を目指しましょう。
QC

【品質管理】後工程はお客様とは?意味合いを解説

後工程はお客様という考え方について解説しました。マーケットインを根底としたこの考え方は、製造工程のみならず、あらゆる仕事をする上での基本事項です。ただし、実際はこれが難しいです。相手/お客様が何を求めているかを把握することがスタートです。この点を常に意識して仕事の品質を管理・改善していきましょう。私も気を付けます。
QC

なぜ品質保証はうざいのか?【品保担当者が気を付けるべきこと】

品質保証担当者がうざがられる理由と気を付けるべきことについて説明しました。思考停止状態の正論やあるべき論の押し付けは反感を買います。正論を押し付ける前にまずは本当に取り組むべき課題なのかをしっかりと考える癖をつけて、わからないことは現場に足を運んでヒヤリングをして製造とコミュニケーションをとることを心がけましょう。
QC

品質管理の基礎が勉強できるおすすめの本【初心者~中級者向け】

品質管理の基礎がわかる初心者向けのおすすめ本を紹介しました。本記事で紹介した3冊を読めば、品質管理の全体像をつかむことができると思います。平穏で読みやすい完全な入門書から教科書的な本まで紹介しましたが、まずは、本記事で紹介した入門書から読み進めていくことをおすすめします。
QC

【品質管理】不適合品とは?【不適合品と不良品の違いも解説】

不適合品の意味合いと、不良品との違いについて説明しました。不適合品は規格要求事項や標準から外れた製品のことです。一方で、不良品は、お客様が期待する用途を満たさない製品のことをさし、不適合品とは意味合いが異なります。それぞれの意味を整理して使用するように意識しましょう。
QC

【品質管理の初心者向け】品質規格とは? 【意味と種類の整理】

品質規格の意味と種類を解説しました。品質規格は製品規格のことを指し、製品の形状・性能・成分などの取り決めを文章化したものです。さらに、それは、国際規格・国家規格・社内規格などに分類され、文章として定められています。新入社員のかたはどの品質規格について議論をしているのかその前提をしっかり理解するように心がけましょう。
Copied title and URL