Skill

自分の市場価値を簡単に診断する方法【おすすめ転職アプリ ミイダス】

自分の市場価値を無料で簡単に診断できる転職アプリ「ミイダス」を紹介しました。変化の激しい時代、自分の市場価値を客観的に把握することで現実を受け止め、次の行動をとるためのきっかけを得ることができます。みなさんも早めに現実を知り、どのようなキャリアを歩んでいきたいか考えてみてはいかがでしょうか。
QC

苦情の定義とクレームとの違い【苦情・クレーム対応】

苦情の定義とクレームの違い、さらに苦情・クレーム対応について解説しました。苦情とは顧客が不満を表明したもので、さらにこれに補償が加わるとクレームとなります。苦情・クレームの対応は継続的な会社の利益を守るうえで重要であり状況に合わせた適切な対応が求められます。
QC

測定と計測の違いとは?【測定の意味と使い分けを解説】

測定と計測の意味や使い分けの違いについて解説しました。辞書や日本工業規格の定義や慣習がごちゃ混ぜになって世の中にでていることで、使い分けが良くわからない状態になっていると考えます。まずは、それぞれの言葉の定義を押さえて足場を固めることが遠回りのようでそれぞれの意味合いを理解するうえでの近道です。
QC

検査とは【品質管理の検査の意味/目的を解説】

品質管理の検査についてその意味合いと目的について解説しました。検査は、品物の特性値を測定し、品質規格と比較して合否判定を出す活動であり、企業の利益を守るうえで重要な役割を担っています。検査と試験は意味合いが異なるので注意しましょう。
QC

品質・コスト・納期はなぜ大事なのか?【生産管理の3要?? QCDの解説】

品質・コスト・納期(QCD)の意味合いと重要視される理由について解説しました。QCDは、企業が利益を出し続けていくために必要となる基礎的な指標です。これらの指標を管理・改善していくことで儲けを出すための足場を固めることができるのです。
QC

設計品質と製造品質を解説【総合品質(顧客満足度)を高める2つの視点】

設計品質と製造品質、更にそれらを合わせた総合品質について解説しました。総合品質、つまり顧客満足度を上げるためには、設計品質(ねらいの品質)と製造品質(できばえの品質)の両方を高める必要がり、それは関連部門の連携が必要です。
QC

品質特性とは【初心者向けにわかりやすく解説】

品質特性の意味合いについて初心者向けにわかりやすく説明しました。品質特性は商品の設計や品質保証に欠かせない指標です。品質特性とは何かを理解するには、品質要素の理解がベースに必要です。このあたりの品質用語は、それぞれ絡み合うので一つ一つ丁寧に理解していきましょう。
QC

品質とは?【顧客の品質要求を満たす程度】

製造業やサービス業で使われている「品質」という言葉の定義や意味合いについて解説しました。現在の品質の意味合いは、「製品やサービスの特性/特徴が、どれだけお客様の要求や期待を満たしているかの程度」です。社会や時代の流れによって定義や意味合いは変わります。個人も会社も生き残るためには変化に対応することを意識したいです。
QC

【QC的な考え方】重点指向とは?意味合いと考える手順を解説

QC的・統計的な考え方の一つである、重点指向について、意味合いや考える手順を解説しました。重点指向は問題解決を効率的に進めるうえで必須の考え方ですので、意識して身に着けるようにしましょう。また、QCストーリーで言えば、問題解決型の現状把握のステップの考え方そのものと言えます。
QC

QCサークル活動の衰退が進む理由【特に製造業が顕著?】

製造業のQCサークル活動が衰退する理由について解説しました。QCサークルが非正規労働者の増加や働き方改革に上手く適用できていないことに加え、品質マネジメントシステム徹底により、衰退がさらに進むと懸念されます。管理職やQCサークル推進者は、時代の流れに沿ったQCサークルの形に適用させることが求められています。
Copied title and URL