QCストーリー対策立案から対策の実施の進め方【問題解決型】

「要因解析で真の要因を特定できたけど、そこからどうやって対策を立案すればよいのかわからない」

「 対策をたくさん挙げたけど、どうやって絞り込めばよいかわからない」

こういった疑問にお答えします。

■本記事の内容

・QC対策立案とは

・対策案の洗い出し

・対策案の評価(対策案の絞り込み)

・対策の実施

この記事を書いている私は、製造メーカーの技術職であり、約10年間QCサークルのメンバーとして活動しています。

QC活動の難しさは理解しており、実体験に基づいた現場目線で、役立つ情報を提供します。

QCストーリーの対策立案とは【問題解決型】

『対策立案』とは、問題解決型QCストーリーの要因解析後のステップです。

このステップでは、要因解析でつかんだ真の要因を解決するための対策案を洗い出し、評価をして最適な対策に絞り込んでいきます。

では、対策立案の手順とポイントを解説していきます。

対策案の洗い出し

一次対策案を出す

まずは、一次対策案の洗い出しを行います。ここでのポイントは、要因検証の結果、真の要因に対して一次対策案を出すという点です。

なぜなら、問題の要因ではない事柄に対策を実施しても、問題は解決しないからです。

QC活動は限られた期間で問題を解決する必要があるため、効果のない対策に時間とコストを費やすことはできません。

よって真の要因について一次対策案を出していきましょう。

さらに、この対策立案のステップでは、テーマの目的や目標を再確認して、目指していることと、対策の方向性がずれていないか意識するようにしましょう。

いつの間にか、当初の目的からずれた方向に対策を立てがちなので注意です。

また、過去の取り組みや、職場の制約にとらわれず、グループメンバー全員で多くの一次案を出すようにしましょう。

後のステップで、対策案の採用可否について絞り込みを行うので、ここでは自由に意見をだすことを心がけると、幅広い観点から対策案が出てくるので良いです。

ブレーンストーミングを活用して広い視点で沢山のアイディアを出しましょう。
ブレーンストーミングのポイントについては別の記事で解説しています。

QCサークル活動でのブレーンストーミングの活用とポイントについて説明しました。ブレーンストーミングの4原則と司会者の事前準備が重要です。QCストーリーの問題解決型であれば要因解析・対策立案、課題達成型であれば方策立案のステップでのアイディアや要因出しで有効活用しましょう。

出てきた一次対策案は、真の要因も含めて、系統図で整理するのが一般的です。

系統図であれば、真の要因と対策案の関係性が一目でわかり、周りと共有しながら進めるためにも有効です。

さて、一次対策案を挙げるステップでよくありがちなのが、「真の要因の裏返しが対策案になって、それ以上多くの対策案が出せないけど良いのか?」という疑問です。

例えば、真の要因が、『作業手順が決まっていない』だった場合、一次対策が『作業手順を決める』となるようなやつです。

もちろん、これでも良いのですが、こうなるパターンは、活動当初から対策が見えていることが多く、それを問題解決型に当てはめると起こりがちです。

一概には言えませんが、最初から取り組む対策が見えているのであれば、それは問題解決型よりも施作実行型や未然防止型のQCストーリーのほうが適している場合が多いです。

施策実行型のQCストーリーについて気になるかたはこちらの記事を参考にしてください。

QCストーリー施策実行型の概要と進め方について解説しました。テーマの困りごとについて、すでに対策が分かっていて、早期に解決すべき問題の場合は、施策実行型が有効です。また、施策実行型テーマを問題解決型に当てはめると落とし穴があるのでご注意。

二次対策案を出す

先に挙げた一次案対策案について、二次対策案を複数出していきます。

二次対策案は、一次対策案をより具体的にしたものです。

イメージとしては、一次対策案を「どうやって」実行するのかと考えれば、より具体的な二次対策案が出てくると思います。

例えば、一次対策案が、「A地点からB地点に移動する」であれば、それを実現するには「どうやって?」と考えます。

すると、A地点からB地点の移動手段として、「電車」「自動車」「徒歩」「飛行機」などより具体的な二次対策案を出すことができます。

ここでも、過去対応や制約にとらわれず、自由に二次対策案を出してください。

対策案の評価(対策案の絞り込み)

対策案の評価項目

さて、二次対策案(具体案)まで出せたら、どの対策案を実施すべきか、優先順位をつけていきます。

ここで、優先順位をつけるにあたり必要となるのが、評価指標です。

評価指標がなければ、議論が発散したり、思いつきで優先順位付けをすることになるのでNGです。

大事なことは、どのような項目・指標で対策案を評価するべきか、メンバーで議論して合意することです。

評価項目に決まりはありませんが、代表的なものは以下です。

・実現性

・効果(予測)

・期間内

・コスト

・副作用

・安全性

総合評価で優先順位付け

評価項目を設定したら、いよいよ各二次対策案について評価をしていきます。

一般的には、各評価項目で点数付けをして総合点数が高い対策を選定する流れです。

ここでのポイントとしては、取り組む活動テーマの内容によって、重要視する評価項目が変わる可能性もあるため、メンバーで話し合って、各評価項目の重みづけの調整をして点数の傾斜をつけることです。

より今回の問題に対して有効な対策を選ぶことができるようになります。

さらに、対策を実施したときの副作用についてもしっかり把握しておく必要があります。

大きな効果が期待される対策であっても、安全性や環境、次工程や他部署などになんらかの悪影響を及ぼすようなことがあれば問題です。

もしなんらかの方法で、悪影響が排除できるのであれば追加対策を検討する必要がありますし、悪影響が避けられないのなら対策採用を見送るべきかもしれません。

これらのポイントを抑えつつ、各項目で評価をして総合評価の高い対策を選定しましょう。

QCストーリー対策の実施の進め方

three men laughing while looking in the laptop inside room

対策実施表の作成

対策を選定したら、次に対策実施表を作成します。
5W1Hで対策実施表を作成して、なぜ・何を・どのようにやるのか・担当者・期間などを明確にします。

対策実施表のフォーマット(例)

「なぜ」は、その対策を実施する目的のことです。ここがわからない、明確でない場合は、そもそもやる必要がない可能性があります。

対策実施表を作成するときに、ひとつひとつの対策の目的を確認していきましょう。

この対策実施表を作成するのは正直面倒な作業ですが、QCサークルは個人活動ではなく、グループ活動です。

よって、メンバーで決めたことを5W1Hで文字にして共有化することで、メンバー間の誤解や行き違いをなくすようにしましょう。

対策の実施

対策実施表を作成したら、それに従って対策の実施を進めます。場合によっては上司の承認や関係部署の協力を得る必要もあると思いますので、計画的に進めましょう。

また、定期的に対策実施表の進捗通り進んでいるか確認しましょう。もし遅れているようであれば、計画の見直しを行います。

対策が上手くいかないからと放置するのはNGです。大きな問題が起きてグループで解決することが難しい場合は、上司や世話人などに相談してアドバイスをもらうようにしてください。

まとめ

問題解決型QCストーリー対策立案から対策の実施の進め方について解説しました。

複数の対策案を挙げ、活動内容に適した評価項目を選定し、副作用まで考慮した総合評価の高い対策案を選定しましょう。

この記事が少しでもQC活動の参考になれば幸いです。

初心者向けのQCストーリーの書籍は以下が参考になります。
興味があるかたはご参考まで。

Comments

Copied title and URL