【QC】品質管理とは?~品質管理の基本と目的

QC

person holding white Samsung Galaxy Tab

「品質管理ってなんですか?どのような目的なのかイマイチわからないので教えてください」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容は以下の通り。

・品質管理の定義
・品質管理とは?
・品質管理の目的

この記事を書いている私は、製造業のエンジニアで、10年以上QCサークル活動に参加し、QCサークル活動の推進者としても長年携わってきました。

製造や品質保証の両部署での実務経験があり、品質管理の知見や運用の難しさは理解しています。

この記事では、新入社員や品質管理の初心者向けに、品質管理の基本的な考え方を解説していきます。

品質管理の定義と意味合い

black and silver laptop computer

品質管理の定義

まずは、JSQC(日本品質管理学会)とJISとによる「品質管理」の定義を確認しましょう。

JSQC

「顧客・社会のニーズを満たす、製品・サービスの品質/質を効果的かつ効率的に達成する活動」

JIS Q 9000

品質要求事項を満たすことに焦点を合わせた品質マネジメントの一部。品質マネジメントとは、「品質に関して組織を指揮し、管理するための調整された活動。」

品質管理とは?

person using MacBook Pro

JSQCの定義がやさしい表現でわかりやすいですね。品質管理とは、お客様が求める製品の品質を実現するために、現場で効率的に製品を作るための取り組みのことです。

つまり、品質管理とは、顧客のニーズを設計図面に落とし込み、その図面に従って現場で製造した製品の製造品質(できばえの品質)を管理するということです。

製造品質については別の記事で解説していますので、よくわからない方は参考にしてください。

設計品質と製造品質、更にそれらを合わせた総合品質について解説しました。総合品質、つまり顧客満足度を上げるためには、設計品質(ねらいの品質)と製造品質(できばえの品質)の両方を高める必要がり、それは関連部門の連携が必要です。

加えて、品質管理は、その製造品質を効率的に実現するための活動です。要するに、生産効率や歩留まり良く製品を作るための活動ということです。

まとめると、品質管理とは、お客様のニーズを満たす製品を効率的に達成するための活動と言うことです。

品質管理の活動

これらの活動としては、維持管理や改善活動があり、PDCAやSDCAのサイクルを交互に回して、規格を満たす品質を実現するプロセスを確立していきます。

これらの品質管理を進めるための考え方として問題解決と課題達成の手法があります。

こちらについては別の記事で詳しく説明しているので、興味があるかたはどうぞ

問題解決型QCストーリーとは、『問題』を解決するための効率的な手順です。QCストーリー問題解決型で扱う問題とは、現状とあるべき姿とのギャップ(悪さ)のことです。問題解決型の手順に従い、問題の原因を突き止め、対策によってあるべき姿に戻し、安定 させることを目指します。
QCサークル(小集団活動)の 課題達成型QCストーリーの概要について説明しました。各ステップの詳細は関連記事をご覧ください。 課題達成型の手順は知っているけど、その意味合いを理解していないので苦労しているかたが多い印象です。 本サイトを参考にして、実践を積みながら理解度を上げていってください。

品質管理の目的

pen om paper

品質管理の目的を一言であらわすと、会社が利益を獲得して儲けるためです。

そのためには品質管理に取り組むことで以下を目指していきます。

・お客様の満足度を上げる
・製造コストを下げる(会社の利益を上げる)

製造品質が上がれば、お客様に満足して使っていただけます。

もし品質管理をしなければ、お客様に不良品が流出して、信用を失います。またクレーム補償の費用が発生する可能性もあります。

一方、製造コストを下げることができれば、会社の利益が上がり儲けることができます。

製品の歩留まりが悪く、生産効率が低い状態だと、製造コストが上がり、会社が得る利益は下がってしまいます。

なので、品質管理の活動として品質の維持管理や改善活動を進めることが重要となるのです。

品質管理の難しさ

man writing on glass board

ここまで、品質管理の意味合いや目的について説明しましたが、実際の品質管理は簡単そうで非常に難しいです。

その理由は、見えない品質の変化や工程パラメータの変化が品質不良やクレームに繋がるケースが多いからです。

把握できている品質特性や工程パラメータを維持管理・改善していくことはできて当然です。

問題は、見えない品質変化や工程パラメータの変化をどのように管理していくのかということです。

また、お客様の要求も時間経過とともに変わる可能性もあり、品質要求が上がっていることもあります。

この場合、いままでは製品の品質的にOKだったものが、NGになることがあります。この辺りも市場の変化も察知しながら、品質管理に取り組む必要があるのです。

まとめ

品質管理の定義と意味合い、その目的について説明しました。

品質管理とはお客様の求める製品の品質を効率的に達成するための品質の維持管理・改善活動です。

品質管理は製造コストを下げて会社が利益を獲得するうえで、重要な取り組みと言えます。

Comments

Copied title and URL