【品質管理の初心者向け】品質規格とは? 【意味と種類の整理】

QC

brown foosball table closeup photography

製造業の新入社員「会社に入って品質管理を担当することになったんだけど、品質規格っていろいろ聞くけど種類が多くて混乱します。整理して教えてください。」

こういった悩みに答えます。

本記事の内容は以下の通り。

・品質規格とは
・品質規格の種類

この記事を書いている私は、製造業のエンジニアとして10年近い経歴があり、これまで品質保証部門やQCサークル推進者として携わってきました。

私も品質保証部門に来たときは、社内で「規格」がどうこういう話を毎日耳にしていましたが、一体何のことやら、さっぱりわかっていませんでした。

分かっている人達にとっては当たり前すぎるので、「規格」という言葉で話が通じますが、新入社員や異動間もない人にとってはわけわからないと思います。

そこで、本記事では、この会社内で乱立する「規格」という言葉、特に「品質規格」に絞って、説明していきます。

また、用語解説の信頼性を確保するため、日本規格協会HPの内容を一部引用して解説しています。あらかじめご了承ください。

品質規格とは?

man in blue and red shirt holding brown wooden chess piece

結論として、品質規格とは、製品規格のことを指し、寸法、材質、成分、性能、品質、耐久性、安全性、機能などの取り決めを標準化し、文章にしたものです。

また、品質規格は、国際規格・国家規格・社内規格などに分類され、文章として定められています。

結論だけでは理解できないと思います。以下に順を追って説明していきます。

そもそも「品質」の意味合いがわからないかたはこちらの記事に解説していますので、気になるかたは参考にしてください。

製造業やサービス業で使われている「品質」という言葉の定義や意味合いについて解説しました。現在の品質の意味合いは、「製品やサービスの特性/特徴が、どれだけお客様の要求や期待を満たしているかの程度」です。社会や時代の流れによって定義や意味合いは変わります。個人も会社も生き残るためには変化に対応することを意識したいです。

規格とは?

まずは、そもそもですが、規格の意味について、日本規格協会の定義を確認してみましょう。

規格とは

標準化によって決められた、ある「取り決め」(標準)を文章に書いたもの。

日本産業標準調査会の標準(=規格)の定義は以下のとおりです。

標準(=規格:Standards)は、標準化によって制定される「取決め」

なお、参考としてJIS Z 8002の定義は以下のとおりです(これも規格ですね)

与えられた状況において、最適な秩序を達成することを目的に、共通的に繰り返して使用するために、活動又はその結果に関する規則、指針又は特性を規定する文書であって、合意によって確立し、一般に認められている団体によって承認されているもの。

つまり、品質規格とは、品質に関する取り決めを標準化して、文章に書いたものということです。

規格の種類

内容による分類

さらに、この規格はその内容によって4つに分類されます。

品質規格と呼ばれるものは、製品規格に分類されます。

規格とその内容は以下のとおりです。(日本規格協会HP参考)

・基本規格:用語、記号、単位など基本的事項を規定した規格。

・方法規格:試験、分析、検査、測定方法、作業方法などを規定した規格。

・製品規格:製品の形状、寸法、材質、成分、性能、品質、耐久性、安全性、機能などを規定した規格

・マネジメントシステム規格:組織が方針及び目標を定め、その目標を達成するためのシステムについて規定した規格。

地政学的な分類

さらに、品質規格は(それ以外の方法規格・基本規格なども)、地政学的な観点から以下のように、4種類に分類されます。

・国際規格:世界中国々で共通利用される規格(ISO規格、IEC規格など)

・地域規格:ある地域の国々の中で共通して利用される規格(EN規格)

・国家規格:主に一国内で使われる標準(JIS規格など)

・地区規格:一つの業界や一つの企業内で使う標準(業界規格、社内規格)

このように、品質規格と言っても、地政学的な分類から上記のように分けられるということです。

会社で働いているあなたが良く触れるのは、社内規格ではないでしょうか。社内で定めた品質規格、例えば、製品の寸法・含有成分・重さなど。

一方で、その製品の業界が定める品質の業界規格もあるでしょう。

このように、品質規格とひとことで言っても業界規格、社内規格、はたまた国際規格、国内規格など様々あるのです。

新入社員のみなさんは、会議などでどの品質規格について議論をしているのか、その前提条件に注意を払うようにしましょう。

また、似たようなワードとして、お客様との締結する納入仕様書で「仕様:スペック」があります。このあたりも混同しないように、きっちりと切り分けるようにしましょう。

まとめ

新入社員向けに品質規格の意味と種類について解説しました。品質規格は製品規格のことを指し、製品の形状・性能・成分などの取り決めを文章化したものです。

さらに、それは、国際規格・国家規格・社内規格などに分類され、文章として定められています。

新入社員のかたはどの品質規格について議論をしているのかその前提をしっかり理解するように心がけましょう。

Comments

Copied title and URL